Home > 2006年 > 5月 > 20日(土) - 小樽日帰りツアー

小樽日帰りツアー

  • Posted by:
  • Life

今日は会社の慰安旅行という名目で,日帰りの小樽散策バスツアーに参加してきました.いや小樽自体ははっきり言って近所と言っていいほど近いところにあるし,親戚も居たりするので何度か立ち寄ったことは有るんですけど,実際に見に行ったところといえば小樽水族館ぐらいでして,後は本当に「通過するだけ」といった感じだったのです.で,今回は荷物を最小限にするために,デジカメじゃなくて携帯電話のみで撮ることにしました.いやこのカメラの性能を見るということもあったんですけどね(苦笑)


で,最初の観光地(?)は「小樽バイン」小樽バインの入り口にあるレリーフ(サムネイル).バインってなんじゃらほい?と思っていたのですが,ワインとバンクとバスを掛け合わせた造語らしいですね.この小樽バイン,実は旧北海道銀行小樽支店の建物をそのまま使って,ワイン販売所と貯蔵所にしてしまったものらしいです.ここの写真はちょっと曲がりましたけど,割と良く撮れた方ですね.

次に行ったのは北一ガラス3号館とその近辺散策...なのですが,北一ガラスの方は華麗にスルーして(ぉぃ),近くにあるオルゴール堂オルゴール堂の入り口前にある蒸気時計(サムネイル)でのんびりしておりました.これも割と上手く撮れた模様.何か縦型の写真だと撮り方が安定するらしいな>俺(ぉ.ちなみにここで地ビールを2杯飲み干しました(苦笑)

その後,寿司屋通りで昼飯を食べ,ビールを飲み,ソフトクリームを食べ,バスに乗って向かったのは天狗山.晴れていたけど昼間だったので普通の町並みという印象しか有りませんでした(ぉ.いや,山頂付近の桜天狗山で咲いていたエゾヤマザクラ(サムネイル).元画像は実は多少ピンボケしてます(^^;は一応撮りましたけど,普通の横持ちになると途端にピンボケとかかましてますねこの人(苦笑).実はこの後,マクロモードで桜の花を撮ってみたのですが,こっちもピンボケで使い物になりませんでした.

その後はというと,裕次郎記念館に行って,「太陽にほえろ」が14年も放送していた(昭和47年~昭和61年までだそうです)のを初めて知ったり,裕次郎が出したレコードの数に驚愕したりしておりました.ちなみにこの記念館は館内撮影禁止なので撮ってません.でも,なんかビデオ回してた人が数人居たような気が...

その後は普通にバスで札幌駅前に戻り,そのまま解散となりました.いやそれにしてもこの携帯のデジカメ機能,オートフォーカスはついて居るんだけど,その分シャッタースピードが遅いのか手ぶれが結構起きますね.まぁ,あまりカメラ機能を使ってないので慣れてないだけだと思うのですが,マクロ撮影だけでも何とかしないとなぁ...

Trackbacks:0

Home > 2006年 > 5月 > 20日(土) - 小樽日帰りツアー

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top