Home > 2006年 > 5月 > 29日(月) - F1 第7戦 モナコGP - 決勝 -

F1 第7戦 モナコGP - 決勝 -

予選でミハエルのトップタイムが剥奪されるという異常事態がおこったモナコGP.フジテレビも20回目のモナコということで気合いを入れてキャスター全員モナコに行ってるし…ってよく考えたら去年辺りからモナコは現地から放送してたな(ぉぃ


んで決勝ですけど,終盤までトップグループは意外に離されず順調にクルーズしているといった感じだったのですが,各車2回目のピットに入る前後に混乱が発生.といっても単純に3位を走っていたマーク・ウェバーのエンジントラブルが引き金だったのですが(^^;

しかもウェバーの止まったところが,ピットレーンからコースに合流するところの加速出口の付近で,完全に塞いだ格好になっていたことからセーフティーカー導入となりまして,以降2位を走っていたライコネンもトラブル(耐熱板が発火したらしい)でリタイア,調子が良かったニコ・ロズベルクもリタイア,トゥルーリもリタイア(ただし完走扱い).ちなみに琢磨もウェバーが止まる2周前ぐらいにリタイアした模様.

結局,1位アロンソ,2位モントーヤ,3位クルサードとなりました.ちなみに最後尾スタートのミハエルはしぶとく走って5位でポイントゲットです.バリチェロは終盤ミハエルが後ろに迫っていたのに踏ん張って4位完走.つか,バリチェロがここまで上がってくるのって久しぶりのような気も(ぉぃ

Trackbacks:0

Home > 2006年 > 5月 > 29日(月) - F1 第7戦 モナコGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top