Home > 2006年 > 8月 > 7日(月) - F1第13戦 ハンガリーGP - 決勝 -

F1第13戦 ハンガリーGP - 決勝 -

今回初めてCSでF1見ましたけど,実況もさほど五月蠅くなく,今宮さんのコメントも聞けて大満足でした.つか,地上波で今宮さんのコメント聞かなくなってどのぐらい経ったんだろう…

話を戻してまず予選なんですけど,予選前のフリー走行で波乱がありました.ミハエルとアロンソが赤旗・黄旗が出ている中で追い越しをし(勿論違反),予選の各クオーターでそれぞれ2秒のペナルティを貰ってしまう事に.ってなことで予選は1位ライコネン,2位マッサ,3位バリチェロ.ミハエルは12位,アロンソは15位でした.


んで決勝はというと…なんと雨ですよ奥さん(誰.ってなことで各車インターミディエイトで出走.ここでミシュランの新しい雨用タイヤが効果を発揮することに.マクラーレン,ルノー,ホンダは雨の中でもタイムが安定しているのに対し,ブリジストンの方はスピン連発でタイム落ちまくりでしたね.それでも,ミハエルとアロンソはスタートのジャンプアップに成功して8位以内になってましたけど(^^;

中盤をすっ飛ばして後半に予想もしないことがおきました.まずライコネンがクラッシュしましてあっけなく脱落(ぉ.その後セーフティーカーが入って順位の整理ができたところで2回目のピット.ここでアロンソがピットクルーのタイヤ装着ミス(だと思う(^^;)であっけなくリタイヤ.この時点でミハエルが2位だったので「ミハエルが踏ん張ればチャンピオンシップが面白くなるなぁ」と期待して見ていました.

ところが,そのミハエル2回目のピットでタイヤ交換無しの給油のみで出るという強攻策(?)にでていて,タイヤはインターミディエイトのまま.この段階で各車ドライ用のタイヤに履き替えていたので,ミハエルはラップタイムが伸びないにもかかわらずしぶとく走って後続を抑えていたんだけど,残り5周のところでサスペンションが悲鳴を上げてリタイヤ(9位完走扱い).

んで最終的にはバトンが順調に走って順位を上げていき初優勝.ホンダの単独チームとしては39年振り(らしい)の優勝.解説の今宮さんも感無量で泣いてたみたい.おめでとうホンダ!

ちなみにチャンピオンシップの方だけど,アロンソとミハエルが共にノーポイントなので11ポイント差は変わらず.次は3週間後(27日)のトルコGPとなりますね.

ちなみにこのエントリー,本当なら12時30過ぎに書き終わっていたんだけど,ダウンタウンの浜田が出ていた地上波(苦笑)の方も考慮して,日時指定(要するに予約みたいなもん?)にしておきます.

Trackbacks:0

Home > 2006年 > 8月 > 7日(月) - F1第13戦 ハンガリーGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top