Home > 2008年 > 4月 > 26日(土) - MT4iを再導入

MT4iを再導入

昨日の夜の話になってしまいますが,MT3.x時代にも行っていた携帯端末対応を施しました.使わせてもらったのは勿論(?)MT4iです.

このMT4iも実はMT4.1対応の3.0(今回は最新の3.0.5を使いました)が出ていたので,インストール方法のページを参考にインストールしてみたのですが,どうも参考にしたページの説明がおかしくて少し時間がかかってしまいました(^^;.なので,一応インストール方法をメモしておきます.


  1. MT4iをダウンロードし,MTメインインデックスページが置いてあるフォルダ(うちの場合は「nisshi」フォルダ)に携帯端末用のフォルダ(うちの場合は「i」というフォルダ)を作成し,zipファイルを展開の上FTP転送する.フォルダ構成は以下(cgiファイルのパーミッション変更を忘れずに).
    • (nisshiフォルダ)/i/lib/
    • (nisshiフォルダ)/i/plugins/
    • (nisshiフォルダ)/i/tmpl/
    • (nisshiフォルダ)/i/mt4i.cgi
    • (nisshiフォルダ)/i/mt4imgr.cgi
    • (nisshiフォルダ)/i/purge_old_cache.pl
  2. mt.cgiが置いてあるフォルダに,以下の構成でキャッシュ用の空フォルダを作成する.
    • (MTフォルダ)/mt4i/cache/tmpl/
  3. あとは,MT4i 3.0インストール手順 - 新規インストール -の「手順4」以降を行う.mt4i.cgiをindex.cgiに変更するのは,念のため動作確認をしてからのほうがいいと思います(俺も動作確認してからやりました).
  4. index.cgiに変更した場合は,メインインデックスページが置いてあるフォルダ内の.htaccessファイルのDirectoryIndex index.php ...と書いてある中にindex.cgiを追加しておくのを忘れずに.

んで,一通り動作確認の後,MTテンプレートの改良と再構築を行ったんですが,これについてはGlassleaf 2007年06月17日 - MovableTypeでPHPを使ってMT4iの携帯用ページにアクセスを振り分ける -を参考にしてください(手抜き(^^;).この方法だと,エントリ個別ページとカテゴリーアーカイブページもそれぞれの携帯用ページにジャンプさせることが出来るのでかなりいい感じです(^^).

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2008年 > 4月 > 26日(土) - MT4iを再導入

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top