Home > 2008年 > 5月 > 26日(月) - F1 第6戦 モナコGP - 決勝 -

F1 第6戦 モナコGP - 決勝 -

いよいよ伝統のモナコなんですが,ここってフェラーリが勝つことって殆ど無かったんですよね(^^;

そんな前置きは置いておいてまず予選.一応土曜日の模様は生中継で見ていたんですが,フェラーリもマクラーレンもどちらも譲らずって感じの予選でした.先頭グループ(トップ4)は順当にマッサ,ライコネン,ハミルトン,コバライネンとなりましたが,ちょっと気になったのがハイドフェルドでして...確かQ2で落ちたんだったっけな?クビサが順調にQ3まで行ったのに,この差はどっからきているんだろう?なんて思ってしまいましたね.


そんでもって決勝ですけど,天気予報どおり午前中から雨が降ってまして,11年ぶりにウェットでのフォーメーション→スタートとなりました.1周終わった段階での順位はマッサ,ハミルトン,ライコネン,クビサだったと思いました(うろ覚えですが).

そのあと何台かが車同士で接触したり,単独でガードレールに接触したりという事があったんだけど,8周目でクルサードがクラッシュし,そこにもう1台(ボーデだったようだ)が後ろにぶつかってきて2台ともリタイヤ→セーフティーカーとなりました.

んで,セーフティーカーが抜けた後なんですけど...面倒なので省略します(苦笑).いや,この後も何台かが接触でノーズ交換したり,路面が乾いてきてドライタイヤに履き替えたら何台かがスピンしたり...ということがあって,しかも元々ウェットでのスタートだったので「2時間ルール」が適用されることとなり,78周のレースとはならなかったのです.

なので一応結果だけ書いておくと,1位ハミルトン,2位クビサ,3位マッサとなりまして,ハミルトンはF12年目でモナコ初優勝となりました.ちなみに中嶋も7位8位でフィニッシュしましてポイント獲得,ポイントリーダーだったライコネンは終盤まで5位だったのに,4位のスーティルを抜こうとして追突したためノーポイント(9位)でした.スーティルはライコネンとの追突で走行不能となりリタイヤとなったんですが,かなり悔しそうでしたね.つか,中継中河合さんが「これは10-0ですね」って言っていたけど,さすがに避けきれないよなぁあれは(^^;

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2008年 > 5月 > 26日(月) - F1 第6戦 モナコGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top