Home > 2008年 > 9月 > 15日(月) - F1 第14戦 イタリアGP - 決勝 -

F1 第14戦 イタリアGP - 決勝 -

これを書き始めのは15日になってからなので,地上波では正に中盤辺りになっているんでしょうけど,いつものとおり追記以降は読まないように(ぉ

まず予選....つか,イタリアで金曜日から雨というのはあまり無かったような気がするんだけど,予選も雨模様でして,Q1開始時には各車ピット出口で並んで開始を待つという珍現象(苦笑)まで起きてしまう始末.一応予選Q3の結果だけ書いておくと,1位ヴェッテル,2位コバライネン,3位にウェーバーというなんともフレッシュな(そう?)顔ぶれとなりました.ちなみに前回雨の所為でリタイヤする結果となったライコネン,そしてそのリタイヤの要因を作ったハミルトンもQ2で脱落していますね.同じフェラーリのマッサはどうにか踏ん張って3列目(6位)になったのにねぇ...


さて決勝なんだけど,予選終盤では各車決勝はドライコンディションだと予想したらしいんだけど,なんと決勝も雨.しかも全車エクストリームウェットを装着のうえ,フォーメーションラップ無しのセーフティーカー先導によるスタートとなりました.

初っ端から4位のボーデがエンジンストップでスタートできず(あらら).一方ポールスタートのヴェッテルはセーフティーカーが抜けたあとも快調に後続を引き離しにかかり,ピットも全く問題なくこなしていました.中段グループからスタートしたライコネンとハミルトンはフィジケラを抜くのに手間取ったみたいだけど,フィジケラを抜いてからは特にハミルトンがペースを上げ始め,方やライコネンは何かタイヤの調子が悪いのかペースが上がらず置いてけぼり状態(^^;

話をトップ集団に戻すと,ヴェッテルは2回目のピットもソツなくこなし,ペースも終始安定してました.いやファステストは最後の方でライコネンのペースが上がったためライコネンだったんだけど,それでも2位のコバライネンとの差は極端に縮まることもなく,ヴェッテルがポールトゥウィン,2位コバライネン,3位にはクビサが入りました.

フェラーリ以外のチームで,フェラーリのエンジンを載せたマシンが優勝することは稀にあるんだけど,スクーデリア・トロ・ロッソ(前身はミナルディということになる筈(^^;)・フェラーリとしては初優勝!,しかもヴェッテルはアロンソを抜いて史上最年少での優勝(しかも予選1位も最年少らしい)という快挙を成し遂げました.

ちなみにマッサは6位,中段からスタートしたハミルトンが7位,ライコネンは終盤追い上げたんだけど9位でノーポイントでした.

んで次は初のナイトレースとなるシンガポールですか.夜のレースだとタイヤの温まりとかも気になるんだけど実際どうなることやら...

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2008年 > 9月 > 15日(月) - F1 第14戦 イタリアGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top