Home > 2009年 > 2月 > 27日(金) - MTのバージョンアップの煩わしさを極力省く

MTのバージョンアップの煩わしさを極力省く

唐突なタイトルですが,今日の日中にMT 4.24がアップロードされてまして,今までとはちょっと手順を変えて手早く差し替えることが出来ました.

今までどうやっていたかというと,HDD上でMT-4_24-ja.zipを展開して,展開したフォルダの中身をFFFTPで上書きアップロードをして...という手順で行っていたんですが,アップロードするたびに長時間FFFTPを使うというのもちょっと...と思っていたわけでして,しかも上書き時に結構エラーが起きることがあって,時間がかかっていたのです.

んで「次回からはもうちょっと手早くアップデート出来るようにしておこう」と思いまして,一応準備はしていたのです.参考にしたのはMovable Type 備忘録 - MovableTypeを手早くアップロードするです.


  1. 入手したMT-4_24-ja.zipファイルを,普通にFFFTPでルートフォルダにアップロードする.
  2. 以下のphpファイル(hoge.phpとします)もMT-4_24-ja.zipをアップロードした場所と同じところにアップロードしておく.
    <?php
    if (!isset($_REQUEST['file'])) return;
    $file = $_REQUEST['file'];
    system("unzip $file", $retval);
    echo "return value [$retval].";
    ?>
  3. 手持ちのブラウザを起動し,アップロードしたhoge.phpに以下のように打ち込んでアクセスする.
    http://kita2.net/hoge.php?file=MT-4_24-ja.zip
    ...なんか色々文字列が流れるけど,unzipがサーバ上でMT-4_24-ja.zipを展開しているだけなので,気にする必要はありません.
  4. FFFTPを起動してサーバにアクセスすると,MT-4.24-jaというフォルダが出来ているので,元のMTをインストールしたフォルダを別の名前に(old_mtとか)変更し,MT-4.24-jaフォルダを元のMTインストールフォルダ名に変更する(文章で書くと分かり辛いな(^^;).
  5. 元のold_mtフォルダから,mt-cogfig.cgiやインストールしたpluginを新しいMTフォルダにコピーする.
  6. ブラウザを起動し,mt-check.cgiにアクセス.その後mt.cgiにアクセスして再構築する.
  7. FFFTPを起動し,アップロードしたMT-4_24-ja.zipファイル,hoge.phpファイル及び古いold_mtフォルダを削除する.

...とまぁ一応こんな感じでアップデート完了.要した時間は10分程度でした.んで,さくらインターネットの場合はこれで全く問題なかったんだけど,サーバによってはこの方法が使えないことがある(ロリポップは駄目らしい)し,SSHが分かる人ならもっと簡単な方法があるんだろうと思います(ちなみに,PHP Navigatorを使うという手もあるんですが,設定が悪いのかサーバにアクセス出来なかった(^^;).

そうそう,手順の5番目の話ですけど,俺の場合は予めアップデートの際にコピーしなければならないファイルやフォルダを,ひとつのフォルダにまとめて保存しておいたので,あまり手間はかかりませんでした.ただし,コミュニティ掲示板の際にアップロードしておかなければならないフォルダをアップし忘れていて少しあせりましたが(詳しくは後でエントリーします).

Comments:0

コメントする

Trackbacks:1

Home > 2009年 > 2月 > 27日(金) - MTのバージョンアップの煩わしさを極力省く

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top