Home > 2010年 > 11月 > 15日(月) - F1第19戦 アブダビGP - 決勝 -

F1第19戦 アブダビGP - 決勝 -

もうすでに結果を知っている人が多いと思いますが,一応今年最後のGPですので書いてしまいますね.

まず予選ですが,ここは簡単に書いてしまいます.ベッテルの方は調子が良かったようでハミルトンやアロンソとトップ争いをしたんだけど,思ったよりもウェバーが伸びず,意外や意外(失礼)バトンがウェバーの前に出た...という予選でした.ポールはベッテル,2位にハミルトン,3位にアロンソ,以下バトン,ウェバー,マッサ,バリチェロ,シューマッハ,ロズベルグ,ペトロフというトップ10でした.小林はQ2落だったけど12位とまずまずの順位,クビサが初めてQ2で落ちてしまい11位...という感じでしたね.

んで決勝.アロンソとウェバーが慎重に前に出ようとしたけど,それ以上にスタートが良かったのがバトンで,抑えきれないと思ったのかアロンソが順位を落とすことに.トップはベッテル,2位ハミルトンは変わらず...といった感じだったんだけど,1周目でシューマッハが単独でスピンして,そこにリウィッツィがぶつかってきた形でクラッシュしセーフティーカーとなりました.


セーフティーカーが入っている間に数台がタイヤ交換を行ったんだけど,そのセーフティーカーも5周目でコースから抜け,レースが再開したんですが,ウェバーのタイヤが思ったよりも持ちが悪く(というか,酷使していたんだろうな)10周目ぐらいでピットインして16位に後退.アロンソのペースはまぁまぁだったんだけど,マッサが入って数周の後にアロンソもピットイン.これはどうもチームの戦略だったようなんだけど,結果としてこれがチャンピオンを失う結果となりました.この後アロンソやウェバーの前に立ちふさがったのが,既にタイヤ交換を終えていたペトロフで,アロンソ,ウェバーは結局最後までペトロフを抜くことが出来ずに7位,8位でフィニッシュしました.

後は面倒なので省略(ぉぃ.結果としてランキング3位だったベッテルがポールトゥウィン,2位にハミルトン,3位にバトンが入り,ベッテルが最年少でのワールドチャンピオンとなりました.もちろんレッドブルとしては初のチームコンストラクターズタイトルと,初めての個人ワールドチャンピオンを出したチームとなりますね.浮き沈みが多かった1年だったけど,結局一番速かったドライバーがチャンピオンとなりました.

さて,来年ですけど...どうやら20戦でのレースが行われるようですし,タイヤもブリジストンがこのレースを最後に撤退することとなっているので,ピレリとなりますし,マシンのレギュレーションも若干変わるみたいです(Fダクトは禁止だったっけ?).個人的には,韓国GPのスタート時間をもうちょっと早くしてほしいな...なんて思っていたりして(ぉ

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2010年 > 11月 > 15日(月) - F1第19戦 アブダビGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top