Home > 2011年 > 10月 > 16日(日) - F1第16戦 韓国GP - 決勝 -

F1第16戦 韓国GP - 決勝 -

第15戦の日本GPを華麗にスルー(苦笑)して,先ほど終了した韓国GPの模様です.

いつものごとく(何),地上波の方ではまだ放送すら始まっていませんので,結果を知りたくない人は続き以降を読まないようにして下さい.尤も,web上のニュースとかではもう結果が表示されちゃっているので無駄なのかもしれませんけど(^^;

まず予選ですけど,Q1ではいつもの(失礼)3チームがノックアウトでして,正直言ってザウバーも結構ギリギリで通過という感じだったのですが,ウィリアムズはバリチェロがなんとか17位だったのに,最後にタイム計測をしたマルドナードが16位に入っちゃって,チームメイトを18位に蹴落とす形になってしまいました.まぁ,こればっかりはどうしようもないですよね.

Q2では順当に(?),ザウバーの2台とマルドナード,トロ・ロッソの2台,あとはセナとシューマッハがノックアウトとなりました.それにしてもザウバーの2台,日本GPでのアップデートが上手くタイムとかに現れてこないですね.フォース・インディアはQ3にしっかり2台とも進出しているし,Q2ノックアウトだったけどトロ・ロッソもここ数戦良くなっていて,ザウバーの見せ場が無くなってきたような気がしています(^^;

Q3では連続ポールを狙っていたベッテルが2位に,ここ数戦好調なマクラーレンは,ハミルトンがポール,バトンが3位と健在ぶりを見せてくれました.きちんと順位を書いておくと,ハミルトン,ベッテル,バトン,ウェバー,マッサ,アロンソ,ロズベルグ,ペトロフ,ディ・レスタ,スーティルというトップ10です.


んで決勝ですが,オープニングラップでは特に大きな混乱もなく,上位陣ではバトンが6位に下がり,ポールスタートのハミルトンが最初の周回の中ほどでベッテルに抜かれて2位に後退したけど,何とか食いついて行って...という感じの前半でした.

ベッテルはハミルトンを抜いて以降,国際映像にもあまり映らないぐらい(失礼)安定していて,途中シューマッハとペトロフのクラッシュでセーフティーカーが入ったんだけど,それ以降も危なげなく2位以下とのリードを広げてトップチェッカーでゴール.2位にはハミルトンが3位のウェバーの追撃をどうにか振り切って入りました.3位にウェバーが入ったので,これで今期のチームコンストラクターもレッドブルが獲得ということになりましたね.

一応順位を書いておくと,ベッテル,ハミルトン,ウェバー,バトン,アロンソ,マッサ,アルグエルスアリ,ロズベルグ,ブエミ,ディ・レスタまでが入賞.小林は15位,ペレスは16位...と完全にトロ・ロッソやフォース・インディアには置いていかれ,しかもロータスのコバライネン(14位)よりも後ろの順位という結果でした.

次は2週間後,初開催のインドGPですね.全てのチームが初めてだから,天候次第では中段チームにもチャンスがあるように見えるけど,どうなるかは本当にやってみないと分からない感じですね.まぁ,レッドブル,マクラーレン,フェラーリぐらいまでは拮抗するんでしょうけど...

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2011年 > 10月 > 16日(日) - F1第16戦 韓国GP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top