Home > 2012年 > 4月 Archive

2012年4月 Archive

赤い光から青い光に

  • Posted by: HashiM
  • PC

つい先程,マウスを買い換えました....といっても,相変わらずというかまたもやマイクロソフトのマウスだったりするんですけど(苦笑).

ここ最近,ほとんどの買い物がAmazonなんだけど,今回も御多分にもれずAmazonで購入.発送は昨日の日中だったらしいんだけど今日の夕方には到着していました.やっぱりヤマト運輸は早くていいよね(ぉ

F1第3戦 中国GP - 決勝 -

2週間空いて行われたF1第3戦です.今回は時差が1時間ぐらいしか無いので,晩飯時には決勝自体が終了しているんですが,BSフジでの放送が23時からと遅いので,このエントリーを書き上げた頃でもまだ決勝の結果を知らない人がいるかも知れません.まぁいつものとおりではあるんですが,決勝の模様を知りたくない人は続き以降を読まないようにして下さい(まず無理(^^;).

まず予選ですけど,午前中のフリー走行から調子が良かった(と思われる)ザウバーとマクラーレンが,Q1をプライム(ミディアム)でうまく乗り切り,他の車はプライムで思ったよりもタイムが出なくてオプション(ソフト)を使い出し,どうにかQ2に進むことが出来たといった感じでしたね.尤も,Q1ノックアウトとなったのはトロ・ロッソのベルニュと,以降はいつもの(失礼)3チームだったんですが(^^;

Q2では,殆どの車がオプションでタイムを刻んだんだけど,ザウバー,マクラーレン,メルセデスがうまくタイムを更新し,レッドブルはベッテルがうまくタイムを刻めずにかなり久々のノックアウトとなりました.他にノックアウトとなったのはマッサ,マルドナード,セナ,ディ・レスタ,ヒュルケンベルグ,リカルド...とまぁ,フェラーリとレッドブル以外は中段グループばかりでしたね(当たり前だ(^^;).ザウバーは見事に2台ともQ3進出したんですが,2台ともというのはノックアウト式になってからは多分初なんじゃないかと思います.

Q3ではマレーシアから下馬評が高かったメルセデスのロズベルグがスーパーラップを叩きだし,シューマッハも2戦連続の3位といい位置につけています.2位にはマクラーレンのハミルトンが入ったんですが,ハミルトンは金曜日のフリー走行前にギアボックスを交換したため5グリッド降格が決まっていたことから,決勝ではメルセデスが1列目を独占ということになりましたね.ちなみに4位以降は小林,ライコネン,バトン,ウェバー,ペレス,アロンソ,グロージャンという順位でした.

今回小林はQ3までコンスタントにタイムを更新することが出来ました.特にQ3では路面温度が下がっていたため,通常はタイムが落ちるんですけど,よく更新できたなぁと思います.勿論決勝では,オープニングラップでの走り出しとか位置取りが大事となるんだけど,中盤以降でのスタートだと混乱に巻き込まれることが多いですから,今後もこういう位置でスタートできるよう確実にタイムを刻んで欲しいと思います.

F1第4戦 バーレーンGP - 決勝 -

先週の中国から連戦となりますバーレーンGPです.

昨年は情勢が不安定で危険回避が困難...ということで中止になりましたが,今回はどうにか開催することができたようですね.ただし,金曜日の夜にデモ隊の騒動に巻き込まれたチーム関係者がいたらしいですけど(フォース・インディアだったかな?).

いつものように,生中継の方だとBSフジでの放送が始まるおよそ30分前にはレースが終了していまして,これを書き始めた段階ではBSフジの方でレーススタートという状況だったりします.そんなわけで,決勝の模様を知りたくないという人は,このエントリーの「続き」以降を読まないようにして下さい(いや遅い).

まず予選だけど,今回バーレーンで新しいエキゾースト(というか,中国GPでウェバーの方につけていたもの)を正式に導入したレッドブルがようやく速さを取り戻し,いつものように淡々とセットアップをこなしてきたマクラーレンやメルセデス,あと何とか食らいつこうというフェラーリ...という構図が顕著になってきた予選だったと思いました.Q1でシューマッハが18位でノックアウトとなったんだけど,これはDRSが壊れてしまい,2回目のタイムアタックに出ることができなかったために落ちたもので,まぁ仕方ないといえばそこまでな感じでしたね.ただ意外だったのは,シューマッハを蹴落としてQ2に進んだのがケータハムのコバライネンということ.一応まがりなりにもルノーエンジンですから,そろそろ上がってくれないと...と思っていたところ,コバライネンが頑張ったみたいですね.ケータハムの今後に期待したいところです.

Q2ではかなりタイムが拮抗していて,同じ1分33秒台に14台が入ってくるという状態でした.なので,ちょっとでもミスをすると一巻の終わりという状態でして,ノックアウトとなったのはライコネン,小林,ヒュルケンベルグ,マッサ,セナ,コバライネン,マルドナードというまぁバラバラな面々でした(ぉ.尤も,マルドナードはギアボックスを交換しているので5グリッド降格なんですけどね.

Q3では,上位8人が1分32秒台というこれまた激戦だったんだけど,最後の最後にポールを取ったのはレッドブルのベッテル,2位ハミルトン,3位ウェバー,4位バトンと言う感じで,去年のレッドブルとマクラーレンの2強対決...と同じような状況となりましたね.5位以降は,ロズベルグ,リカルド,グロージャン,ペレス,アロンソ,ディ・レスタという順位となっています.

Home > 2012年 > 4月 Archive

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top