Home > 2012年 > 10月 > 28日(日) - F1第17戦 インドGP - 決勝 -

F1第17戦 インドGP - 決勝 -

3週間ぐらい書いていなかったような気がしますが,ようやく体調も良くなってきたのでちゃんと(何処が)書いておきますか.

先々週に行われた韓国GPを完全にスルーしていましたが,韓国でもベッテルが優勝したため,個人ポイント争いではベッテルが一歩抜けだした感があるんですが,まぁアロンソとのポイント差はまだ4ポイントなだけに,最終戦まで気が抜けない状況となっています.尤も,序盤では6戦で優勝したドライバーがバラバラで,正直誰がポイントランキングでトップになるのかがわからない状況だったのと比べると,むしろこっちの方がいいのかもしれませんけど(^^;

まず予選ですが,レッドブルとマクラーレン,あとフェラーリは普通にQ3に進出できるとして,思った以上にQ2で苦戦していたのがロータスとメルセデス,あとフォース・インディアだったようですね.ザウバーはフリー走行の結果から見ても予選はQ2どまりというのが下馬評だったので,正直期待していなかったんですが,なんとペレスが最後の最後でQ3に進出しています.

まぁそんなわけでQ2でノックアウトとなったのは,グロージャン,ヒュルケンベルグ,セナ,シューマッハ,リカルド,ディ・レスタ,小林の7人.グロージャンはフリー走行の段階から苦戦しているのがわかってたんだけど,シューマッハはどうしたんでしょう本当(^^;

Q3では,やっぱりベッテル,ウェバーのレッドブル勢がフロントローを取り,その後ろにつけたのがハミルトン,バトンのマクラーレン勢,3列目にアロンソ,マッサのフェラーリ勢...と綺麗に並びましたね.というかこれ完全に早い順番じゃない?と思うぐらいに見事に揃った状況になったのでした(ぉぃ


さて決勝ですけど,レッドブルの2台は無難にスタートして1位,2位を守ったんだけど,思った以上にスタートが良かったアロンソが,ハミルトンとバトンに迫っていて,3台が横一列になるという状況が少しあったんだけど,1周終わるまでの間にバトンが3位,アロンソ4位,ハミルトン5位という状況になってました.

アロンソはその後数周でバトンを抜いて3位に上がり,ウェバーを追いかけていたんだけど,はっきり言ってレース前半の状況では「こりゃ,またレッドブルの1・2かな?」という感じでしたね.

ところが中盤から後半に入るところでウェバーのペースがあまり上がらず,逆にアロンソのペースが良くなってきていて,どうもウェバーのKERSがオーバーヒートにより動作しなくなったらしく,特に直線区間の多いセクター1でタイムが落ちてしまい,アロンソに抜かれてしまいました.

ウェバーはその後も苦労していて,ハミルトンにも抜かれそうになったんだけど,なんとか3位をキープしてフィニッシュしています.もちろんトップはベッテルで,これでベッテルはシンガポールから4連勝です.アロンソは2位に入ったので得点差的には13ポイント差と広がったけど,まだ逆転可能なところにいます.一応4位以下も書いておくと,ハミルトン,バトン,マッサ,ライコネン,ヒュルケンベルグ,グロージャン,セナまでが入賞.小林は17位スタートで14位完走となっています.

次は2週連続開催のアブダビGPですが...正直決勝の開始時間も(日本時間の)22時と遅いし,次の日から札幌に2週間出張ということもあるので,はっきり言ってエントリーは書けないと踏んでいます(苦笑).まぁここ読んでいる人はそう多くないと思うのでいいんですけどね(え

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2012年 > 10月 > 28日(日) - F1第17戦 インドGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top