Home > Stylelib > ライブラリの利用方法

ライブラリの利用方法

  • Last Modified:

このライブラリは,StyleCatcher 2.3を使用しているMT 4.25以降であれば,各自のスタイル選択画面に表示させ,利用することが可能となっています.

ライブラリのリポジトリURLは,トップページ(http://kita2.net/stylelib/)となっています.ただ,手作業ですと毎回URLを入力するのも手間がかかると思いますので.ライブラリ登録用のプラグインを作っておきました

このzipファイルを展開すると,pluginsというフォルダが出来上がりますが,そのフォルダの中にslmtVicunaというフォルダがありますので,このslmtVicunaフォルダをMTフォルダ内のpluginsフォルダ(/mt/plugins/)にアップロードしてください.

アップロードした後,再びスタイル選択画面に行ってみると...

スタイル選択画面での表示(サムネール画像 88.4 KB)

こんな感じ(?)で,mt.Vicuna Style Libraryがカテゴリ選択部分に現れます.クリックするとmt.Vicuna Style Libraryとして登録されているスタイルが一欄となって表示されます.

あとは,利用したいスタイルを選択して「デザインを適用」ボタンをクリックし,再構築するだけです.もちろん,当ライブラリ内に新しいスタイルを追加した場合は,自動で反映されるようになっています.

Comments:0

コメントする

Home > Stylelib > ライブラリの利用方法

Search

OpenID accepted here

Accepted OpenID

Feeds

Return to page top