Home > 2005年 > 10月 > 2日(日) - あっさりとMT3.2に変更

あっさりとMT3.2に変更

今日の真夜中頃に,hxxk.jp - Movable Type News のプレスリリースから情報を集める -MTが3.2になったのを知りまして,導入方法は…ってな事で検索をかけていたのですが,一番分かりやすかったのがSix Apart - Movable Type 3.2 日本語版の提供を開始 -のトラックバックで知ったPleasure Seeker: Movable Type3.2 Ver.UP手順だったので,こちらを参考に色々やってみたらあっさりと変更できたという…

んで,導入手順を分かりやすくまとめてみました.うちのサーバはさくらインターネットなので,3.17日本語版からバージョンアップする場合に限定して書いてみます.なお,この作業を行ったことによる損失等に関しては当方一切関知しませんのであしからず.無保証と捉えて貰っても構いません(ぉ


1. データのバックアップ

一応「転ばぬ先の杖」ということで,データのバックアップを取ることにしました.といっても,やることはたったの2つです.

  1. FFFTPでさくらインターネットサーバにアクセスして,MTのフォルダ内にあるdbフォルダをそのままダウンロードする.
  2. ブラウザで自分のMTのトップページ(mt.cgi)にアクセスして,「ユーティリティー」の「読み込み/書き出し」で「書き出し」を行い,出力された文字全てを選択してテキストエディタなどにコピーし,名前を付けて保存する.
2. フォルダ自体を退避しておく

自分のHDD内にあるMT用のフォルダを丸ごと他の位置(※1)に移動しておきます.

3. MT3.2日本語版をダウンロードし,専用のフォルダに展開する

ダウンロードは,展開しやすいという理由だけでzip形式を選択しました(苦笑).以降「専用のフォルダ」を「homepage/mt/」というフォルダとして話を進めます.

4. mt-config.cgiを編集する

展開した「homepega/mt/」内を見ると,mt-config.cgiというファイルがありませんが,mt-config.cgi-originalなるファイルがあるので,このファイルをmt-config.cgiにリネームして自分用に編集します.編集する箇所は以下の箇所です.

  • 28行目の「CGIPath http://www.example.com/cgi-bin/mt/」を  「CGIPath http://xxxx.xxx/mt/」に(※2)
  • 70行目の「# DataSource /path/to/database/directory」を  「DataSource ./db」に.
  • 93行目の「# StaticWebPath http://www.example.com/mt-static」を「StaticWebPath http://xxxx.xxx/mt/mt-static」に(※2)

以上3箇所ですが,MySQLを使っていたりphpを使っていたりする場合は,他の箇所も変更する必要があります.その場合は,Pleasure Seeker: Movable Type3.2 Ver.UP手順を参照して下さい(手抜き).

また,他のファイルを弄っている場合は,そのファイル(?)を変更するのを忘れずに.退避したフォルダにあるファイルと日付のチェックをしながら変更するのが良いでしょう.

5. FFFTPでアップロードする

FFFTPでさくらインターネットの自分のサーバにアクセスし,MTのフォルダに移動し,homepage/mt/ の中のファイルやフォルダを全て選択してバイナリモードでアップロードします.

ここで注意しないといけないのは,ミラーリングアップロードは使わないこと.これをやると,元々あったファイル(自分で設定したテンプレートとか)が全て消えてしまいます(^^;

アップロードが終わったら(800以上ファイルがあるので,結構時間がかかります),mt-config.cgiだけをアスキーモードで再度アップロードし,cgiファイルのパーミッションを全て755に変更します.

6. ブラウザ上でMT3.2のアップグレードを行う

FFFTPを終了し,いつも使っているブラウザを立ち上げ,アップグレード作業を行います.手順は以下の通り.

  1. http://xxxx.xxx/mt/mt-check.cgi にアクセスし,システムチェックを行う.
  2. システムチェックが終了したら,http://xxxx.xxx/mt/index.html にアクセスし,ログインを行う.
  3. 「アップグレードの開始」をクリックする.アップグレードには1分ほど時間がかかります(エントリの数にもよります).
  4. 「アップグレードが完了しました」と出たら,「Movable Typeに戻る」をクリックする.これでアップグレード作業は終了です.
7. MT3.2の設定を行う

もうMT3.2になっていますので,ログインしインデックステンプレートの設定等を確認したうえで,全てのファイルの再構築を行えば完了です.

長くなってしまいましたが,こんな感じですね.ミソは,FFFTPでの作業で「ミラーリングアップロード」を使わないことです.元々あったテンプレートとかが全部消えてしまいますからねぇ.MTのログ消失の危険性も孕んでいるので慎重に作業してくださいな.

  1. 俺は,同じドライブ内のルートにbackupというフォルダを作っていたので,そこを使いました
  2. 便宜上,http://xxxx.xxx/mt/ にしていますが,自分のサイトのMTのアドレスに変更して下さい.うちの場合は http://kita2.net/diary/ に変更しました.

Trackbacks:0

Home > 2005年 > 10月 > 2日(日) - あっさりとMT3.2に変更

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top