Home > 2008年 > 9月 > 8日(月) - F1 第13戦 ベルギーGP - 決勝 -

F1 第13戦 ベルギーGP - 決勝 -

いつものとおり(何),これが書きあがる頃には地上波の放送が始まったばかりだと思うので,見たくない人は追記以降を(ry

まず予選ですけど,俺自身生放送を見逃してしまったので再放送を見たんですが,雨は降らなかったものの気温が低いことから,殆どみんなソフトタイヤで出走したんですが,1周の距離が長いことからトップから10位までが1秒の中にひしめき合う状態でした(特にQ2).

まぁそんな中でもしっかり結果を出したのがマクラーレンとフェラーリなんですが,ここんところ勢いのあるハミルトンがポールを獲得.以降マッサ,コバライネン,ライコネン...と,マクラーレンとフェラーリが交互になりました.ちなみに中嶋は19位に沈み,ホンダの2台もQ1で脱落したんですが,最近目立ち始めた(え?)トロ・ロッソの2台が9位と10位に付けていたため,面白くなりそうな予感がしていたのは俺だけではないはず(^^;


んで決勝ですけど,決勝開始1時間前ぐらいは雨が少し降っていたようです.いや,パレードラップ時には少し乾いてきてましたけど,それでも1コーナーと最終シケインの付近はまだ濡れている状態だったんですよね.ちなみに各車ドライタイヤ(ソフト)だったようです.いや1台だけハードタイヤだったか...

オープニングラップは,1コーナーの手前でコバライネンが出遅れてライコネン他数台に抜かれ,そのライコネンはすぐさま2位のマッサもパスし,更に2ラップ目にはポールスタートのハミルトンも抜いてトップに立ちました.で,2回目のピットストップまでは天気も回復して路面も良くなったためか完全にライコネンのペースでした.

ところが,2回目のピットの後の,しかもあと残り5周というところでベルギー独特の一時的にザーッと降る雨(別名「スパウェザー」)がきまして,あと2周のところでその降りが強くなり,ライコネンもハミルトンもコースアウトしながらも何とか踏ん張ったんだけど,ライコネンが踏ん張りきれずにスピンしてウォールに激突→リタイヤ.ハミルトンはその後も慎重に走ってそのままチェッカーとなったため,結局ハミルトンがポールトゥウィンとなってしまった...と(苦笑).その後ろは2位マッサ,3位ハイドフェルド,4位アロンソ.一応ライコネンも完走扱いとはなったけど,中嶋よりも後ろの18位でした(^^;.いやそれにしてもハイドフェルド,ファイナルラップに入るときにピットインしてインターミディエイトにしたんだけど,ピットアウト後数台を一気に抜いての3位ですよ.いやあのオーバーテイクシーンには鬼気迫るものを感じましたよ本当(いい意味で).

ともかくこれで,ハミルトンがワールドチャンピオンになる確率が高くなったのと,ライコネンが逆転してワールドチャンピオンになる確率が相当低くなったことになるんですが,個人的にはトロ・ロッソが何処までポイントを伸ばせるかということに非常に興味がありますね.今回も結果として2台ともポイントゲットした訳だし...

2008-09-08 19:54追記

記者会見の後,ハミルトンがシケインショートカットした後最後のストレート部分でライコネンに先頭を譲った行為がフェアじゃない(俺にも詳しい事はようわからん(^^;)とのことで,ハミルトンに25秒のペナルティが課せられたため,順位が入れ替わっています.

ペナルティが課せられた結果の順位は,1位マッサ,2位ハイドフェルド,3位ハミルトンとなりました.マッサは棚ぼたとはいえ2戦連続の優勝で,ポイントでかなりハミルトンに追いついてきましたね.

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2008年 > 9月 > 8日(月) - F1 第13戦 ベルギーGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top