Home > 2011年 > 4月 > 17日(日) - F1第3戦 中国GP - 決勝 -

F1第3戦 中国GP - 決勝 -

日本との時差が1時間しか無い中国(上海国際サーキットだったか)でのレースです.なので,決勝自体は日本時間の16時ぐらいから始まって18時前には終了していたりします.んが,地上波での放送はどう転んでも23時50分からですので,いつものように続き以降は読まないようにしてたりすると,先に結果を知ることなく地上波の放送を楽しめると思われます(ぉ.まぁ,こんなこと書いていても,エントリー本体を読んでしまったらそれまでなんですけどね(^^;

まずは予選について少し書いておきます.予選自体は雨が降る...まではなかったのですが,まぁ春先ということもあって路面温度も気温もちょっと低めで,そうなるとエンジンは思いっきりぶん回せるんだけどタイヤはなかなか温まらないし...ってなことだったようですね.ただ,予選前のフリー走行で速かったのはやっぱりレッドブル(特にベッテル)で,プライムタイヤを履いていてもそこそこ良いタイムをたたき出していたんですよ.一応他の車もQ1の序盤はプライムタイヤを履き,後半はオプションタイヤでタイムを上げていく...という方向でした.

ただ,なんか知らないけど金曜日から調子が上がらなかったのがウェバーで,あっさりとQ1でノックアウト(18位)となってしまいました.どうもレッドブルに搭載されたKERSがうまく機能しなかったことと,気温が上がらないことが調子が上がらない原因みたいですね.

Q2ではなんかトロ・ロッソが序盤にソフトタイヤでまぁまぁなタイムを刻んで,それを越えるべくフォース.インディアとかが奮闘していたのですが,小林は終盤の1発アタックに賭けていたようでした.ただQ2終了2分前ぐらいに,タイムアタックを終えたペトロフがコースのど真ん中でエンジンが止まってしまって赤旗中断となり,これで路面が少し冷えた状態になりました.結局小林自身Q2再開後にタイム計測をしたんですが,ザウバー,ウィリアムズはQ2ノックアウトとなりました.ここではいつものように(?)シューマッハもノックアウトとなったのですが,ハイドフェルドはチームメイトが出してしまった赤旗に邪魔された格好となってしまったようです.

Q3では,珍しくベッテルが序盤にコースレコードをたたき出し,そのタイムをマクラーレンやフェラーリが追いかける展開となったのですが,結局ベッテルのタイムを更新することは出来ずにマクラーレンが2位(バトン)と3位(ハミルトン),以降ロズベルグ,アロンソ,マッサ,アルグエルスアリ,ディ・レスタ,ブエミ,ペトロフ...というトップ10でした.


さて決勝ですけど,ベッテルがスタートで加速に失敗し,バトンとハミルトンが1コーナーに入るまでにベッテルを抜いてマクラーレンが先頭に立ちました.後方ではシューマッハと小林が順位を上げ,18位スタートのウェバーは思ったよりもジャンプできず,しかもプライムタイヤを履いていたのでタイヤの温まりが悪くなかなか抜くことが出来ない...といった状況だったようですね.結局ウェバーは12周目あたりで早々とプライムを諦め,オプションで細かく繋ぐ方法に切り替えたようです.

今回のレースでは2回ピット(オプション→オプション→プライム)がセオリーだろう...と言われていたのですが,思ったよりもオプションタイヤのタレが早くて,いち早くピットに入ったのは10周目のシューマッハでした.いくら序盤で燃料が重いからって,オプションタイヤで10周しか持たないって...下手すればマレーシアよりひどいのかもしれないですね.

ともかく,上位陣もこの後続々とピットインをしたのですが,この段階ではどの車が2回ピットで...というのはあまり分からない状況でした.メルセデスGPとマクラーレン,あとウェバーは3回,ザウバーとフェラーリ,それとベッテルは2回...かな?といった感じでしたね.

中盤は3回ピットと2回ピットで順位がかなり入れ替わっていたような気がするので省略しますが,ウェバーは2回目のピット以降燃料が軽くなってペースを上げることが出来,気がついたら8位近辺に上がってきていましたね.トップの方では,バトンが初回のピットの際にレッドブルのピット位置に間違って入ってしまうというミスを犯し(むしろ,レッドブルのピットクルーのほうが冷静だった),若干タイムをロスしてしまい,ベッテルがトップに立っていました.意外にメルセデスGPのペースが良かったみたいですね.ロズベルグなんて一時期はトップを走ってましたからね(^^;

終盤ですが,残り10周を切った辺りからが特に面白くって,トップを走っていたベッテルのタイムが落ちて行くのに対し,マクラーレン勢の2台は比較的フレッシュなプライムタイヤだったのでペースが上がり,ハミルトンが残り3周あたりでついにベッテルを抜きトップに立ちました.バトンはロズベルグとマッサを何とか抜いたんだけど,終盤もオプションタイヤで走っていたウェバーのペースに敵う訳がなく,抜かれてしまいました.結果ハミルトンが今季初勝利,2位にベッテル,3位に18位スタートだったウェバーが入りました.以降バトン,ロズベルグ,マッサ,アロンソ,シューマッハ,ペトロフ,小林までが入賞です.

2週連続でのレースとなったので,次は3週間後...俺にとっては連休最後の日(5月8日)となるトルコGPですね.まぁ予選を生で見ることは出来ないでしょうけど,決勝はもちろん生で見ますよ.えぇ.

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2011年 > 4月 > 17日(日) - F1第3戦 中国GP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top