Home > 2006年 > 4月 > 2日(日) - F1第3戦 オーストラリア - 決勝 -

F1第3戦 オーストラリア - 決勝 -

いつもより早い時間帯に放送されるな…と思ったら,一応衛星中継だったんですね(^^;.まぁ時差が殆ど無いから出来ることなんですが.

さて,決勝ですが,レース場近辺はどんより曇天.路面温度も30℃行ってなくて,いつ雨が来てもおかしくない状態.事実予選では雨が降ってますしねぇ.路面温度が低いもんだから,当然タイヤの温度もなかなか上手く調整できずあちこちでアンダーステアが続出.勿論温度のせいも有るんですが,要するに路面のゴミがそのまま残っている状態で,しかもタイヤラバーが路面にくっついてくれないため,そこここのコーナーがとてもスリッピーな状況なんです.


フォーメーションラップ終了時にフィジケラがエンジンストップしたため,もう1回フォーメーションラップをする事に.んでスタートしたのですが,2周目でいきなりセーフティーカーですよ.この時点で先頭はバトンだったのですが,このセーフティーカーの登場で以降混乱状態に突入します(ぉぃ.その後セーフティーカーが3回(通算4回)も入り,トップはあっさりとアロンソがかっさらいました.2位はライコネン,3位はトヨタのラルフです.

一方バトンはズルズルと順位を落とし,ファイナルラップの最終コーナー付近でいきなりエンジンが炎上.コントロールラインまであと150メートル…というところで停車してしまいました(結局完走扱いで10位でしたっけ?).ホンダは予選ではいつも良い位置なのに,決勝では順位を落とすことが多いのですが,今回もご多分に漏れず…という感じですね.もうちょっと競争力のあるマシンを作って欲しいですよ>ホンダ.

ちなみにSUPER AGURIの2台ですが,他のチームがリタイア続出の中しぶとく走り続けまして,どん尻ながらも2台とも完走しました.琢磨は結構順位争いに参加していたし,存在感もそれなりに有るんですけど,井出は順位表示に名前が出るだけで以下略(ぉ.まぁ衛星中継だからしょうがないっていったらそれまでなんだけど,もうちょっと前面に出してあげても良いんでないかな?なんて思ってしまいました(^^;

2006-04-02 19:45追記

後であちこち見ていたら,「生」中継じゃなかったことが判明したので訂正しておきます(^^;

Trackbacks:0

Home > 2006年 > 4月 > 2日(日) - F1第3戦 オーストラリア - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top