Home > 2008年 > 3月 > 23日(日) - F1第2戦 マレーシアGP - 決勝 -

F1第2戦 マレーシアGP - 決勝 -

地上波の放送がまだ始まっていないような気がしますが(苦笑),そんなことはかまわず書いてしまうのが俺流(何)ということでひとつ(ぉ


まず予選ですけど,雨が降るかどうか微妙な空模様だったんですが,一応Q3までかっちりドライのままで行われまして,ポールがマッサ,2位ライコネン,3位コバライネン...という結果だったんだけど,どうもQ3でコバライネンとハミルトンがタイムアタック中のアロンソとハイドフェルドの走行を妨害したとして,それぞれグリッド5つ降格となりました.なので,トヨタのトゥルーリが3番手という非常にいい位置になっていたんですね(え

で決勝ですけど,ファラーリの2台は特に無理をするでもなく普通にオープニングラップをこなし,3位スタートのトゥルーリは1コーナーでアウトに膨らむ格好になってしまい,クビサとハミルトンに抜かれて「あらら...」ってな感じでした.まぁタイヤも良くなかったんでしょうけど,1コーナーでイン側を取られてしまい行き場を失ったというのもあるんでしょうね(^^;

中盤は普通にピット作業も進んでいたのですが,マクラーレンのピットクルーがミスをしたせいでハミルトンとコバライネンの順位が逆転.ついでにこの段階でライコネンがピットでマッサを抜くことになり1位になりました.このまま行けばファラーリの1・2フィニッシュは確実だな...なんて思いつつ観ておりました.

ところが,2回目のピット作業が始まる数周前にマッサが自分のミスでコースアウトし,グラベルに捕まりリタイヤしてしまいました.マシン自体は全く問題なかったし,ラップの方も順調にファステストを刻んでいたのになんと勿体ない....で,その後は順位に殆ど変動はなく,結果,1位ライコネン,2位クビサ,3位コバライネンという形でチェッカーとなりました.ちなみにトゥルーリはのころ9周というところでハミルトンに食いつかれていましたが何とか踏ん張って4位でした.つか,スタート時のアレ(何)さえなければ表彰台だったのにねぇ...

一応書いておくと,SAF1は2台とも完走,最後尾スタートとなった中嶋も何とか完走しています.中嶋は序盤ジャンプアップしてオーバーテイクシーンも見せてくれたんですけど,後半の失速がちょっと気になりますねぇ.なんだったんだろう?

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2008年 > 3月 > 23日(日) - F1第2戦 マレーシアGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top