Home > 2010年 > 9月 > 27日(月) - F1第15戦 シンガポールGP - 決勝 -

F1第15戦 シンガポールGP - 決勝 -

現在地上波では決勝の放送中ですが,まぁおそらく地上波の放送が終わる前には書きあがるでしょうから,ここを見てしまった方は続き以降を読まないように(って無理だよ(^^;).

まず予選ですけど,Q1残り10分ってところでマッサがエンジンを止めてしまい,赤旗中断となりました.結局5分ぐらい後に再開したんですが,これによりマッサはタイム計測なしで最下位となりました.これによって新規参入の3チームは気合が入ったんだろうけど,結局どのチームもQ2には進めませんでした.

Q2ではルノーのペトロフと,デ・ラ・ロサに代わってザウバーのマシンに乗ることとなったハイドフェルド,あとフォース・インディアの2台がノックアウトとなり,小林はギリギリ10位でQ3に進出となりました.Q3では小林とクビサが他車がいち早く出たのに対し,出るのをずらして後半に勝負をかけたんだけど,あまり結果には出ずに下の方となりました.チャンピオン争いをしている上位3チーム(もちろん,フェラーリのマッサを除く)は当然3列目までをがっちりキープしたんですが,ポールは結局アロンソが2戦連続で獲得,2位ベッテル,3位ハミルトン....以下バトン,ウェバー,バリチェロ,ロズベルグ,クビサ,シューマッハ,そして小林...という順位となりました.


んで決勝ですけど,アロンソ・ベッテル共にいいスタートだったんだけど,アロンソがいち早くベッテルの真正面に出てブロックし,うまい具合にトップをキープ,一方中~後方ではリウィッツィがハイドフェルドと接触してリアタイヤを壊してリタイヤとなり,2周目でセーフティーカーとなりました.

セーフティーカーが抜けた以降は,それほど順位の変動もなかったんですが,20周目あたりからハミルトンとバトンのペースが上がらず,マクラーレンはやむなくタイヤ交換で順位を落とすことに.一方,アロンソとベッテルは30周目ぐらいで2台共にピットインしたのでした(しかも順位変動なし).

この後,31周目にシューマッハがタイヤ交換.この直前に小林と接触したらしいのですが,小林はそのままスルー...と思ったらセクター3で単独でガードレールに衝突し,その後ろから周回遅れのブルーノ・セナが突っ込んできまして,当然2台ともリタイヤし2回目のセーフティーカーとなりました.さらにセーフティーカーが抜けた36周目にウェバーとハミルトンが接触してしまい,ハミルトンはそのままリタイヤとなりました.いやこれで2戦連続0ポイントですよハミルトン.ぶつかったウェバーはそのまま走行して3位フィニッシュだったのに...

ここですっ飛ばして終盤ということで書くと,残り3周までは1秒ちょっとの差だったアロンソとベッテルなんですが,最後の最後でシューマッハ,アルグエルスアリ,ペトロフ...を周回遅れとする場面と重なってしまい差が凄い縮まったんだけど,アロンソが何とか踏ん張ってポールトゥウィン,2位にベッテル,3位にはウェバーが入りました.以降バトン,ロズベルグ,バリチェロ,クビサ,スーティル,ヒュルケンベルグ,マッサ...というトップ10でした.

さて,2週間後の3連休はいよいよ日本GPなんですが,実はこの3連休に急遽札幌へ私用で出かけることになってしまったので,おそらくエントリーを書く事も生放送を見ることも出来ない可能性があります.エントリーはまぁしょうが無いとしても,(CSで放送される)月曜日夜の再放送を見ることが出来ればいいんだけどなぁ...

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2010年 > 9月 > 27日(月) - F1第15戦 シンガポールGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top