Home > 2011年 > 5月 Archive

2011年5月 Archive

F1第4戦 トルコGP - 決勝 -

これを書き始めた段階では,地上波での放送が始まってないのですが,9日から出張が入っていまして忙しくなりそうなので,記憶が鮮明なうちに書いてしまいます.もちろん,(いつものように)まだ決勝の模様を見ていない人は続き以降を読まないようにしてください(いや遅いって

まず予選ですが,実は生では見ていませんで,決勝前の再放送を見ていたのです.で,Q1で最初に走りだしたのは確か小林だったのですが,ラップ計測を始めて後半(確かセクター3のバックストレートを越えた辺り)でエンジンが回転を止めてしまい,ピットレーン入り口でストップしてしまいました.まぁ何とかガレージまでは車を戻したんですが,結局小林はそのまま再度走ることが出来ずにQ1落ち(ラップ無し)となりました.まぁ,予選前のフリー走行ではタイム的に107%以内にあるということで,決勝への出場資格はあるんだけど一番最後尾からのスタートです.他にQ1ノックアウトとなったのはロータス,ヴァージン,HRTといつもの(失礼)3チームでした(^^;.ただ,コバライネンは結構良いところまで行ったんですけどねぇ...

Q2では,ウィリアムズ,フォース・インディア,トロ・ロッソとザウバーのペレスがノックアウトとなり,Q3では前半で1分25秒台前半のタイムを出したレッドブルの2台を,他のチームが追いかけるという展開になりました.ここでレッドブルの2台はあえてもう1度出ることをしなかったんですが,ベッテルはまだしも,2位のウェバーは気が気ではなかったでしょうね.まぁ,結局のところ他の車は全て3位以降のタイムとなったんですけど(^^;

そんなわけで一応順位を書いておくと,ベッテル,ウェバーがフロントローを独占し,以下ロズベルグ,ハミルトン,アロンソ,バトン,ペトロフ,シューマッハ,ハイドフェルド,マッサというトップ10でした.

F1第5戦 スペインGP - 決勝 -

これを書き始めた時点で,あと30分ぐらいで地上波の放送が始まる...という感じではあるんですが書いてしまいますね.そうそう,いつものごとく(何)決勝の模様については続き以降に書いているので,読みたくないという人はエントリーの後半を読まないようにしてください(^^;

まず予選ですが,土曜日の午前中の終わりぐらいにマシンが炎上してしまったハイドフェルドは結局予選に参加できず,前回の小林のような状況となりました.まぁルノーの性能から考えると,小林のように入賞はできなくない筈ですけどね(^^;

話を戻してQ1では,いつもの3チームがノックアウト...とはならず,ギアボックストラブルで5周しか走れなかったバリチェロが落ち,代わりにロータスのコバライネンが(ギリギリだけど)17位でQ2に進出.Q2ではそのコバライネンとザウバー,フォース・インディア,トロ・ロッソがノックアウトになりました.小林は最後のアタック中にフォース・インディアのマシンに邪魔されてラップを刻めずに14位.まぁ決勝での追い上げに期待しましょう...

Q3では,シューマッハを除いた全ての車がオプションタイヤによる1回アタックを行い,その結果ウェバーがポール,2位にベッテル,以下ハミルトン,アロンソ,バトン,ペトロフ,ロズベルグ,マッサ,マルドナード,シューマッハというトップ10となりました.それにしてもレッドブルのラップって他車が走るのと比べても次元が違うなぁ...と改めて感じる予選でした.

MT5.1にしました.

昨日の出来事になるんですが,ここでも使用しているCMSMTが5.1となりまして,早速バージョンアップを行いました.昨日バージョンアップをしなかったのは,単純に飲み会だったからというだけの理由です(^^;

まぁ,速攻バージョンアップするのもちょっと...というところがあったのも事実だったりします.一部のプラグインでは文字化けも起きているとの話もあったし,古いプラグインを未だに使っている人が(俺も含めて)居たりするので,多少不安な面もあったんですがいつものように思い切って入れてみたというわけです(苦笑)

インストールは(いつものように(^^;)SSH上でzipファイルを展開して,元のMTフォルダから必要なファイルをコピーして,シンボリックリンクを張りなおして...で5分かからずに終了.

F1第6戦 モナコGP - 決勝 -

CSでの放送が終了する前に地上波での放送が始まっていますが,まぁいつものように結果を知りたくない人は,このエントリーの続き以降を読まないようにしてください.と言っても無理かもしれませんけどね(^^;

まず予選ですけど,Q1ではHRTの2台がマシンの故障(リウィッツィについては午前中のフリー走行でクラッシュしているため,どう考えても出場は無理だった)で出走できない中,小林は混雑している中でどうにかタイムを出すことが出来て13位でQ2へ進みました.まぁランキングトップを争うチームは全然余裕なんでしょうけど(^^;

Q2では全車がオプション(スーパーソフト)で走っていたんだけど,小林がなかなか空きスペースを見つけられなくてタイムを伸ばすことが出来なかったようですね.逆に同僚のペレスがうまくタイムを出すことが出来て,9位でQ3に進出となりました.ちなみに去年のモナコでクビサが表彰台に立ったルノーは,2台ともQ2で脱落しています.

Q3では序盤の段階でベッテルが1分13秒台でトップ,コンマ4秒差でバトン,以下ウェバー,アロンソ,シューマッハ,マッサ,ロズベルグという順位で,ハミルトン,ペレスは後半の1発勝負だったんだけど,ペレスが計測ラップの途中(トンネルを出た直後)でクラッシュして赤旗中断となり,ハミルトンはQ3再開後に計測ラップという形になりました.

当然,他車も再開後に一応出るだけでたんだけど,ハミルトンのラップが平凡だった(結局ハミルトンはシケインをショートカットしたということで計測無効で9位)ために,そのまま計測せずにピットに入ったため,ベッテルがそのままポールとなりました.

一応書いておくと,クラッシュして病院に搬送されたペレスは脳震盪と足の打撲のみで済んでいます.次のカナダでは走行可能とのことです.

Home > 2011年 > 5月 Archive

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top