Home > 2011年 > 11月 > 28日(月) - F1第19戦 ブラジルGP - 決勝 -

F1第19戦 ブラジルGP - 決勝 -

時差的には結構きついF1最終戦,日本の丁度裏側で行われるブラジルGPです.

まぁ,いつものとおりではありますけど,地上波の方でも30分ぐらい遅れた状態での放送となってまして,これを書き始めた時点ではちょうどチェッカーフラッグを受けた後のようです(^^;.決勝の模様を知りたくない人はエントリーの続き以降を読まないようにして下さい.

まず予選ですけど,雨が降るとか降らないとか言われていた中での予選だったので,殆どの車が最初から出るような状況でした.しかも1周の距離が短いですから当然渋滞があちこちで発生するわけで,まぁそれでもちゃんとタイムを出してくるチームはちゃんとやっていた...という感じでした.

Q1では,いつもの(失礼)3チームとマルドナードが脱落.ザウバーは相変わらず予選Q2で他のチーム(特にトロ・ロッソ)に置いて行かれる傾向があるようで,16位・17位でQ2ノックアウトとなりました.まぁ,チームコンストラクター争いをしているトロ・ロッソ勢もQ2ノックアウトだったのがせめてもの救いでしょうか(^^;

Q3でも雨が降るとか言われていて,各車早めにタイムを出すようにしていたんだけど,結局雨は一滴も降らず,最終的にはベッテルが今期15回目のポール,2位にウェバーという1列目.ウェバーが隣というのは久しぶりかもしれないですね.3位にはバトン,以下ハミルトン,アロンソ,ロズベルグ,マッサ,スーティル,セナ,シューマッハというトップ10でした.


さて決勝ですけど,オープニングラップでハミルトンがアロンソに抜かれて5位に後退した以外は,概ねトラブルもなくスタートできたという感じでしょうか.中盤では小林が真ん中を思い切って突っ切ったことが功を奏して順位を2つ上げ,更に上を狙えそうなペースで走っていましたね.

10周目付近でセナとシューマッハがオーバーテイク中に接触し,シューマッハが左リアをパンク,セナがドライブスルーペナルティで脱落.その後13周目あたりでトップを走っていたベッテルにギアボックスのトラブルが発生.何とかショートシフトでギアを守ることにしたんだけど,ペースは落とさざるを得なくて,結局30周目には2位のウェバーにトップの座を明け渡すことに.3位のバトンも序盤でアロンソに抜かれて4位に後退してました(^^;

上位勢は3回ピットを選択して,オプション→オプション→オプション→プライムという感じのタイヤチョイスだったんだけど,バトンはプライムの方が感触が良かったのか,2回目のピットでプライムを選択.更に3回目もプライムを履いてペースアップし,最後にはアロンソを抜き返して3位でフィニッシュ.ハミルトンがギアボックストラブルでリタイヤだったのと,ブラジルで自身初の表彰台,しかもポイントランキングでも2位ということでこれは来季に繋がる表彰台と言っていいのではないかと思います.

バトンの話を先に書いてしまいましたが,トップチェッカーを受けたのはウェバー,2位にベッテルが入りまして,ウェバーは今期初優勝.ベッテルはトラブルを抱えつつも走りきってレッドブルのワンツーフィニッシュとなりました.4位は後半ペースの落ちたアロンソ,以降マッサ,スーティル,ロズベルグ,ディ・レスタ,小林,ペトロフまでが入賞.ザウバーは小林がポイントを獲得し,かつトロ・ロッソがノーポイントということで,チームコンストラクター7位を守ることが出来て一安心といったところでしょうか.

ともかくこれで今期のF1は終了となり,1月のテストまで長い休みに入ります.来年もレッドブルが優位に立つのか,それともマクラーレンやフェラーリ辺りが良いマシンを出してくるのか?...とか,ザウバー他の中段グループが来年どんな位置に来るのか?...など,話題には事欠かなさそうですね.まぁ何はともあれ,今期のF1はこれで終わりということで,来年のF1も期待して見ていこうかなと思っています.

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2011年 > 11月 > 28日(月) - F1第19戦 ブラジルGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top