Home > 2014年 > 5月 > 18日(日) - GitHubのアカウントを取得してMTテーマをアップしてみた

GitHubのアカウントを取得してMTテーマをアップしてみた

中国GPに引き続き,先週行われたスペインGPも華麗にスルーしておりますが,連休疲れもあり,どう書いても「メルセデスが4戦連続1・2フィニッシュで以下略」としか書きようがないので,Movable Type周りの話しか書いていませんでした.

んで今回も若干MT周りの話だったりします.先ほど,テンプレート関係についてはほぼ目処がついたので「ついでにGitHubのアカウントを取って,そっちでアップしてみるか」ということで「mt.Vicuna HTML5テーマをGitHubのリポジトリとしてアップロードする」ということをやっておりました.リポジトリはこちらです.

まだ開発途中ではありますし,実はHTML5用のstyle-futureの方が100%完成に至っておりません.まぁアイキャッチさえ入れなければ,他のスキンと同様レスポンシブになってくれるんですが(^^;

他のスタイルについては,ちゃんとレスポンシブになっていますし,いつもどおり(?)スペシャルレイアウト等もちゃんと表示されるようにしてみたんで,まぁ暫定版ということで使ってみたい人はダウンロードして使ってみてください.特に現在mt.Vicuna Originを使っているユーザーさんには,使った上での感想とか,「ここはこうしてほしい」とか,バグ報告とか頂きたいところです.

一応書いておきますが,このテーマはプラグイン方式ではありませんので,MT5以降対応ということとしています.MT4以前は非対応ということにしておりますので,これを機にMT6にアップグレードしてみると幸せになれます(ぉ


んで,これだけではタイトルと全く関係のない話になってしまうので,GitHubについて少し書いておきます.アカウント取得はいともあっさりといったんですが,リポジトリをコミット(アップロード)するまでの作業で色々...紆余曲折あって手こずりました.現在は普通にできるようになりましたけど,手順としてはリポジトリ(フォルダ)自体はGitHubのサイト上で作成して,ローカルとしてダウンロードし,ダウンロードしたフォルダにコミットするファイルやフォルダをコピーし,クライアントソフト(Github for Windows)を起動してGitHubにコミット(アップロード)して...の方がいいようです.

今回は未だにベータ版のままのmt.Vicuna forum themeもアップしておきましたが,いずれはこっちもHTML5化させる予定なので(じゃないとうちのサイト自体のHTML5化ができない),今後は随時更新・コミットしていく予定です.

まぁ,新しい方のMovable Type Plugins And Themes Directoryにアップする予定は今のところ無いんですけど,いざという時のためにGitHub上にファイルを残してあった方がいいのかな...なんて常々思っていたもので(^^;

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2014年 > 5月 > 18日(日) - GitHubのアカウントを取得してMTテーマをアップしてみた

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top