Home > 2016年 > 5月 > 2日(月) - F1第4戦 ロシアGP - 決勝 -

F1第4戦 ロシアGP - 決勝 -

ちょうど艦これのほうが長時間メンテナンスに入ってしまったので,さくっと書いてしまいましょう(ぉぃ

今現在,CSの方で再度決勝を放送しているので,それを見つつ聞きつつ書いているんですが,いつものように予選を前半で,決勝については「続き」の方で書いています.まぁこの方が自分的にも分かりやすいというのもあるんですけどね(^^;

さて予選ですけど,Q2まで順調に突破したハミルトンなんですが,Q3開始直前にクルーがマシンをバラし始めてしまいまして,結局Q3は車を動かすことが出来ずに10番手.トップは勿論ロズベルグだったんですが,中国GPでもハミルトンにトラブルが有りまして「ここでも起きるか...」という感じで見ておりましたよ.ハミルトンにとっては本当にもどかしいんでしょうけど,こればっかりはもうどうにもなりませんから決勝とか次戦以降で挽回していくしかないですね(^^;

話を少しだけ戻して,Q1ではルノー・ザウバー・マノーのそれぞれ2台ずつがノックアウトとなり,Q2ではマクラーレンの2台とハースの2台,あとサインツとヒュルケンベルグがノックアウトとなりました.マクラーレンはあとコンマ5秒前に出ていればQ3だったんですが...まぁ次に期待ですかね(^^;

Q3では,最初に書いたようにハミルトンがノータイムとなり,ロズベルグはすこぶる快調に走りさくっとトップタイム.ベッテルは通常だと3番手なんだろうけど,ハミルトンが抜けたので普通に2位,3位がウィリアムズのボッタスというトップ3となりました.ただ,ベッテルは金曜日のFP1でギアボックスにトラブルが発生したため,ギアボックスを交換(5グリッド降格です)しています.なので決勝スタートは7番手からのスタート,ボッタスは労せずしてフロントローからスタートすることとなりました.

一応4位以降の順位も書いておくと,4位ライコネン,以降マッサ,リカルド,ペレス,クビアト,フェルスタッペン,ハミルトンという順位となっています.ハミルトンはまだしもクビアトが8番手...ということはベッテルのスタート位置に一抹の不安を感じざるを得ないのですが(苦笑)


さて,そんな不安は別として決勝.オープニングラップで早速その不安が的中(苦笑)しまして,ベッテルがクビアトに2回も追突されてあっさり走行不能になりリタイヤ,元凶のクビアトは何とか走ったものの,当然ペナルティを受けることとなり入賞圏外にまで落ちてしまいました.クビアトにしてみれば,せっかくの母国GPだというのに踏んだり蹴ったりですが,ベッテルにしてみれば2戦連続で当たってきたのがクビアトということでそりゃ怒りますよえぇ...

一方,トップ集団の方はというと,ライコネンがオープニングラップでボッタスを抜いて2番手に上がったんだけど,ボッタスに追い越され,その後タイヤ交換等を経てボッタスをまた追い越したんだけど,その前にハミルトンに追い越されてしまい,結局スタート時と変わらず3番手.ハミルトンはオープニングラップの混乱をうまく避けてペースを上げることが出来たので,ロズベルグには(マシンの水圧不調とかもあって)追いつけなかったものの,2位でフィニッシュしています.ちなみにロズベルグは全く危なげない走りで見事にポール・トゥ・ウィンしていまして,これで今季開幕戦から4戦連続(昨年からだと7戦連続)優勝.最速で100ポイントに到達しています.

一応4位以降の順位を書いておくと,ボッタス,マッサ,アロンソ,マグヌッセン,グロージャン,ペレス,バトンまでが入賞.マクラーレンは今季初のダブル入賞となっています.確かルノーとフォース・インディアも今季初入賞ですね.

次は2週間後のスペインですけど...俺的にはベッテルとハミルトンの逆襲を期待します.マクラーレンもあと少しで常時入賞が可能な位置まで来ているので,もっとマシンパワーが上がって欲しいです.

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2016年 > 5月 > 2日(月) - F1第4戦 ロシアGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top