Home > 2017年 > 10月 > 8日(日) - F1第15戦と第16戦のリザルトを纏めて書くよ(^^;

F1第15戦と第16戦のリザルトを纏めて書くよ(^^;

先程第16戦日本GPが終わったわけですが,今回は第15戦の方も書いていないので,マレーシアと日本の2週連続開催となったのを纏めて書きます....と言っても,実質日本GPのほうがメインとなるんですけど(ぉ

F1第15戦 マレーシアGP

まずはマレーシアGPですけど,予選とか書くと長くなりそうなので決勝の順位だけ(苦笑)

  1. フェルスタッペン
  2. ハミルトン
  3. リカルド

ちなみにベッテルはマシントラブルで予選Q1を走ることが出来ずノックアウトとなり,決勝は最後尾から追い上げたけど4位どまり.ちなみにライコネンも決勝当日にエンジントラブルが起こり,レース自体をスタートできずリタイアとなってまして,フェラーリ側からすると正に踏んだり蹴ったりなレースでした.

ハミルトンは序盤にフェルスタッペンに抜かれはしたものの,決して無理をすることなく自分のペースを守り2位でフィニッシュ.フェルスタッペンは今季初優勝(通算2勝目)となりました.


F1第16戦 日本GP

まず予選はハミルトンが終始貫禄の走りを見せ,コースレコードを3回もぬり替えてポールを獲得しています.2位にはボッタス,3位はベッテルとなってまして,4位以降はリカルド,フェルスタッペン,ライコネン,オコン,ペレス,マッサ,アロンソ...というトップ10となっています.

ただし,ボッタスとライコネンは予選前のフリー走行でクラッシュしてまして,ギアボックス交換を行ったため5グリッド降格,アロンソはパワーユニット交換で35グリッド降格ペナルティとなってます.それにより決勝開始時のグリッド順はハミルトン,ベッテル,リカルド,フェルスタッペン,オコン...(以下略)となっています.

さて決勝ですけど,スタートは特に危なげなく,順位も殆ど変わらなかったんだけど,ベッテルがいきなりフェルスタッペンに追い越され順位を落としまして,ベッテルはその後もズルズルと順位を落とし,最後にはピットに戻ってそのままリタイアとなってます.どうも原因は決勝直前に分かった(らしい)スパークプラグのトラブルらしいけど,マレーシアに続いてまたトラブルですか>フェラーリ(^^;

その後はセーフティーカーが1回,バーチャル・セーフティーカーが2回出たりしたものの,大きく順位が変動することもなくフィニッシュし,ハミルトンが今季8勝目,2位にフェルスタッペン,3位にリカルドとなりました.4位以降の順位も書いておくと,ボッタス,ライコネン,オコン,ペレス,マグヌッセン,グロージャン,マッサまでが入賞.マクラーレン・ホンダの2台はアロンソが11位,バンドーンが14位でフィニッシュしています.

これでハミルトンはポイント合計が306ポイント,ベッテルはシンガポールと日本でのリタイアが響き247ポイントとなり,その差は59ポイントと大きく差が開きました.残りが4戦なので,再来週のアメリカGPで1位なら文句無しでワールドチャンピオンだし,たとえ2位でもベッテルとのポイント差が75ポイント以上開くのならば,ハミルトンがワールドチャンピオンです.と言うかもうほぼ決まったようなものだと思うんだけど(ぉ

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2017年 > 10月 > 8日(日) - F1第15戦と第16戦のリザルトを纏めて書くよ(^^;

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top