Home > 2011年 > 10月 > 30日(日) - F1第17戦 インドGP - 決勝 -

F1第17戦 インドGP - 決勝 -

普通に2週間開けてのGPになります.インド自体今回のカレンダーで初めて登場したので,見る方も乗る方も(当然)初めてなことから,どんなことが起きるか分かりません.まぁ,だからこそ面白いんですけどね(笑).

インドと日本は時差が3時間ほどしかないので,生放送は20時半前には終了しています.かたや地上波の放送はいつものとおり23時50分から...ということで,決勝の模様を知りたくない人は明日以降にこのエントリーを読むようにして下さい(いや遅い

まず予選.Q1でいつもの(失礼)3チームがノックアウトした中,18番手で落ちたのは小林でした.どうも2回目のアタックラップ中にマッサがピットアウトしていたようで邪魔されたらしいですけど,Q2に進出したペレスの順位自体17位と大したことがなかったので,まぁ丁度ノックアウトラインギリギリだったということなのでしょう(^^;

Q2ではそのペレスとウィリアムズの2台,ルノーの2台とディ・レスタ,あとシューマッハがノックアウトとなりました.

Q3ではベッテルがサクっとポールを獲得し,2位にはハミルトン,3位にウェバー,以下アロンソ,バトン,マッサ,ロズベルグ,スーティル,ブエミ,アルグエルスアリという順位で終了.ただし,今回はペナルティでグリッド降格となったドライバーが5人ほどいて,決勝スタートではハミルトンが3つ降格(黄旗無視)の5位,ペトロフが5つ降格(前レースでの審議)の16位,ペレスが3つ降格(黄旗無視)の20位,リカルドが5つ降格(ギアボックス交換)で23位,そしてグロックが107%ルールに引っかかり24位ということで,間のドライバーの順位が繰り上がっています.

これにより,小林は17位からのスタートとなったんですけど,まぁ中段グループの後ろなので,スタートの混乱さえ無ければ...という位置でしたね.


さて決勝ですけど,オープニングラップで後方集団にトラブルが発生.小林とグロックがそのとばっちりを受けて早々にリタイヤとなりました.20位スタートのペレスがねちっこく走って10位完走だっただけに残念ですね.チームのポイントでもトロ・ロッソやフォース・インディアに差を付けられてしまいましたし(^^;.一方,上位の方ではバトンがアロンソとウェバーをサクっと抜いて2位につけ,ベッテルは無難にトップを守り,ハミルトンはまたマッサと競り合っていた...という感じですね.結局マッサはハミルトンと衝突し,その後左フロントのタイロッドを壊してリタイヤしてます.

中盤には,アロンソがピット作業によりウェバーの前に出ることに成功し,その後上位3人は全く危なげなくそのままチェッカーフラッグを受けたというレースでした.

一応4位以降のドライバーについても書いておくと,4位ウェバー,5位シューマッハ,6位ロズベルグ,7位ハミルトン,8位アルグエルスアリ,9位スーティル,10位ペレスとなっています.

次は2週間後のアブダビですね.確かここってベッテルが2年連続で勝っているんでしたっけ?でもいい加減,ウェバーとかバトンとかにも優勝させてもいいんでない?...なんて思っていたりして(ぉ.あと,小林自身ここでの戦績は悪くないはずなので,ポイント取って欲しいですね.いや本当...

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2011年 > 10月 > 30日(日) - F1第17戦 インドGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top