Home > 2012年 > 9月 > 24日(月) - F1第14戦 シンガポールGP - 決勝 -

F1第14戦 シンガポールGP - 決勝 -

時差が1時間しか無い,アジア圏のナイトレースのシンガポールGPです.

このサーキットって,1周のタイム(予選)が1分50秒に近いタイムなのに,決勝での周回数が61周とえらく長いので,大抵は2時間近いレースとなるんですが,今回もそうなってしまったようです.実際,CSでの放送が終わる前に,BSでの放送が始まっていますからねぇ(^^;

まぁそんなわけで(苦笑),今回も予選の結果は軽くすっ飛ばすことにして,月曜日のリピート放送(フジテレビOne)を聞きつつ,決勝の模様だけを書いておきます.

...とはいっても予選の順位を書いておかないと話が進みそうにないので,一応Q3の結果だけ書いておくと,ポールがハミルトン,2位にマルドナード,3位にベッテル,4位バトン,5位アロンソ,6位ディ・レスタという順位でした.念のため書いておくと,ザウバー勢はペレスが14位,小林は18位と見事にテンションがた落ちって感じで全くふるいませんでした(苦笑).


んで決勝ですけど,2位スタートのマルドナードがベッテルとバトンに行きなる抜かれてしまい4位に後退.ハミルトンは前半は普通にトップをキープしていたのに,23周目にギアボックスのトラブルでリタイしノーポイントとなってしまいました.

その後の先頭集団はベッテル,バトン,アロンソという3台が全く危なげなく走ってそのままチェッカー...という感じだったんだけど,まぁやっぱり市街地コースということで単独でウォールにぶつかったり,ブレーキングのミスで追突があったりで,2回セーフティーカーが入りました.そのおかげ(?)なのか結局61周フルに走り切ることができずに,59周目で2時間を超えてしまったためチェッカーとなっています.

その後もレース後審議で20秒加算とかがあったため,放送終了時直後の順位から若干入れ替わっていたりします.審議終了後の順位を書いておくと,ベッテル,バトン,アロンソ,ディ・レスタ,ロズベルグ,ライコネン,グロージャン,マッサ,リカルド,ペレスまでが入賞となっていますね.ちなみに小林は13位と完全に中盤に沈んでしまっていて,まぁ予選終了時の順位より上げたとはいえ13位とふるいませんでした.

次はいよいよ鈴鹿ですね.CSでの生中継ではパレードラップや前夜祭とかも放送するらしいので,個人的には楽しみだったりします.後はザウバーが鈴鹿で良いパフォーマンスを見せてくれることを期待しましょう.

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2012年 > 9月 > 24日(月) - F1第14戦 シンガポールGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top