Home > 2010年 > 6月 > 14日(月) - F1第8戦 カナダGP - 決勝 -

F1第8戦 カナダGP - 決勝 -

晩飯を食べてから3時間ほど仮眠をとったのですが,これを書いている今も少しボーッとしている状態だったりします(苦笑).4時からこの決勝の再放送がCSで放送されるようなので,おそらく書き上がる頃にはまたレースを見ているんだと思います(え

まず予選ですけど,実は生中継を見ていたんですが寝落ちしてしまいまして,気づいた時にはもう予選後のインタビューが始まっている状態でした.一応翌日決勝前に放映された再放送を見て詳細は把握しておいたのですが,まぁこの辺はサラッと書いてしまいます.フリー走行で調子が上がらなかったザウバーが案の定Q1落ちしたり,ミハエルがQ2落ちしたり...まぁ2年ぶりのカナダですので,路面がかなりスリッピーだったり湿度も微妙に高かったのかもしれないんだけど,それでも上位陣は凌ぎを削る争いをやっていたようです.

予選結果は,ポールにハミルトン,以下ウェバー,ベッテル,アロンソ,バトン,リウィッツィ,マッサ,クビサ,スーティル,ロズベルグ...というトップ10.ただしウェバーについては予選終了後にギアボックストラブルが見つかり,ギアボックス交換をしたため5グリッド降格し7位スタートとなりました.


んで決勝ですけど,上位陣はそれほど順位の変動もなくスタートしたように見えました.ただし,6位スタートのマッサはリウィッツィと絡んで後方に沈むこととなり,しかも上手くスタートを切った小林もオープニングラップ中にヒュルケンベルグと競り合った直後に壁に当たりそのままリタイヤとなりました.

ここではタイヤの選択によって順位がコロコロ変わることが結構あるんだけど,最初にオプションタイヤを選択したマシンは10周もたせるのも難しかったようで,ポールスタートのハミルトンとかは速攻でプライムタイヤに履き替えてましたけど,当然その間にヴェッテルに抜かれたりして...とにかく順位の変動が激しかったというのが正直なところです.

さすがに途中の順位変動を把握するのが困難になってきたので(苦笑),最終順位だけを書いておきますけど,結局ハミルトンがポールトゥウイン,2位にはバトンが入り2戦連続でマクラーレンの1・2フィニッシュ,3位には終始危なげなく走っていたアロンソが入りました.以降ヴェッテル,ウェバー,ロズベルグ,クビサ,ブエミ,リウィッツィ,スーティルまでがポイントを獲得となっています.これによりドライバーズランキングはハミルトンがトップとなりました.

次はヨーロッパGPですが...まぁ時差が普通(何)なだけまだましなのかな...といった感じですね.もちろん個人的にですけど(ぉぃ

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2010年 > 6月 > 14日(月) - F1第8戦 カナダGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top