Home > 2011年 > 9月 > 26日(月) - F1第14戦 シンガポールGP - 決勝 -

F1第14戦 シンガポールGP - 決勝 -

ここ数ヶ月,F1の関係しか書いていないような気がしますが,まぁ正直言ってネタがなかったり(苦笑),実家に帰っていたりしてまして,MTの関係についても特に書くこともないような状況なのです(^^;.なので,11月ぐらいまではこの状態が続くと思われます(すみません

さて,いつものごとく予選から書いておきますけど,実は実家に帰っていた関係から生放送で予選は見てなくって,日曜日の夕方に再放送を見た...という状況でした.これを書き始めた時点で,地上波ではもう決勝が始まっていたりするので手短に済ませます(ぉ

Q1では予想以上に速さの上がらないルノーの2台がQ2進出に向けて順位を奪い合う状況で,結果としてペトロフがセナに割り込まれる格好でノックアウト,まぁQ2に進んだセナも15位でノックアウトとなったので,よっぽどコース特性がマシンに合ってなかったんでしょうね(^^;.

Q2では,残り時間10分を切った所で小林がシケインでクラッシュし赤旗中断.アレは完全にドライバーのミスだけど,うまく行けばQ3進出も行けるかな?と思っていたのでちょっと残念な結果でした.同僚のペレスがQ2ノックアウトながら11位だったので,普通に走っていたらもうちょっといい順位だったんでしょうけど...

Q3では,各車が2回アタックの予定で始まりと同時に6台ぐらいが出て,ベッテルがいきなりトップタイムを刻み,このタイムを他の車が追いかけるという形だったんだけど,結局追い越すことが出来ずにベッテルがポール,以下ウェバー,バトン,ハミルトン,アロンソ,マッサ,ロズベルグ...までがちゃんとタイムを計測し,他の3台がオプションを温存するべくタイム計測なしという状況でした,一応書いておくと,8位シューマッハ,9位スーティル,10位ディ・レスタという順位でした.


さて決勝ですけど,ベッテルが良いスタートを切り,2位のウェバーが出遅れて,その巻き添えでハミルトンが4つほど順位を落とし,アロンソがウェバーの前に出て,ロズベルグが行き場がなくなってしまい,コーナーをショートカットせざるを得なかった...という感じ(苦笑).小林は2つほど順位を上げて15位,ペレスは無難にスタートして現状維持でした.

各車よっぽどオプションのもちが悪いらしく,10周目あたりから1回目のタイヤ交換を開始.その後,シューマッハが29周目で前を走っていたペレスに追突してセーフティーカーが出動.これで各車のタイムギャップが殆どなくなり,ここぞとばかりにタイヤ交換をしたチームがあったんだけど,これにより小林は周回遅れの13位近辺に落ちてしまいました.小林に関しては次が鈴鹿ですから次戦に期待しておきましょうか(ぉ

セーフティーカーが抜けた後,3位のアロンソと4位のウェバーが2度ほど(多分タイヤ交換の関係とかなんだろうけど)2回ほど順位が入れ替わった結果,ウェバーが3位に上がり,アロンソが4位になりました.アロンソに関してはハミルトンが追いつくか?というところだったんですが,結局4位でフィニッシュしています.

トップの方はというと,ベッテルが危なげない走りでトップを守りきりポールトゥウィン,2位バトン,3位ウェバー...は全く変わらずにフィニッシュ.アロンソが4位,5位にはオープニングラップ時に8位に下がって,以降追い上げたハミルトンが入りました.6位以降はディ・レスタ,ロズベルグ,スーティル,マッサ,ペレスまでが入賞.一応書いておくと小林は14位でフィニッシュしています.

次はいよいよ鈴鹿なんですけど,これまた3連休にぶつかるため,俺自身は実家に帰っていたりします(^^;.一応月曜日の日中には帰ってくるのでフジテレビTWOでの再放送を見る予定でいます.なので,いきなり決勝の模様を書いて終わらせることになると思います.まぁ,日曜日の放送はできるだけ見ようかな...とは思ってますが,iPod touchから投稿するのも意外に面倒だったりするので(え),正直どうなるかは俺にもわかりません(^^;.いや本当...

Comments:0

コメントする

Trackbacks:0

Home > 2011年 > 9月 > 26日(月) - F1第14戦 シンガポールGP - 決勝 -

Categories

Tag Cloud

OpenID accepted here

Accepted OpenID

CC Licence

Creative Commons License

このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。

Feeds

Return to page top